2018年 6月 23日

2018年4月20日2018年8月26日

花相撲の名の由来は、奈良・平安時代の宮中で行われた天覧相撲「相撲節会(すまひのせちえ)」では、東方力士が勝利すると朝日を受けて咲く葵(あおい)の花を、西方力士が勝つと夕日を受けて咲く夕顔(ひょうたん)の花を、それぞれの髪に差して退場。力士たちはそれらを褒美として受け取り、花を衣類や食料品に交換したとされています。
江戸時代になると「花相撲」は花の品評会をあらわす言葉となり、相撲の番付のように園芸品の番付が出され、大関から前頭までを東西に花を分け、葉や花弁の美しさ、珍奇さなどを競い合いました。
本展では。名古屋園芸の創業者・名古屋園芸の創業者・ご隠居小笠原左衛門尉亮軒氏が50年以上にわたり蒐集している「雑花園文庫」からとっておきの植物図譜などを、知って楽しい“花の対決”視点でご紹介します。
詳細はこちら

2018年6月1日2018年7月16日

名古屋の日本画家・桜井清香氏が描いた、大正7年(1918)8月、名古屋を含む全国の都市で、米の安売りを求める大暴動(米騒動)の全巻を公開し、関連資料や当時の写真などを交えつつ、絵巻を読み解くことで、100年前の名古屋の街へといざないます。
詳細はこちら

2018年6月1日2018年7月16日

平成29年(2017)10月、ユネスコの「世界記憶遺産(世界の記憶)」に「朝鮮通信使に関する記録」が登録されました。
この展示では、世界記憶遺産に登録された資料を中心に、尾張徳川家に伝わる朝鮮通信使と朝鮮王朝にかかわる品々を紹介し、その足跡をたどります。
詳細はこちら

2018年6月16日2018年7月1日

普段は使用する機会のない貴重な和傘を貸し出しします。貸出料金:1本500円(消費税込)
※荒天や強風の場合は貸出中止となります。
■和傘のお披露目
9品種、1,700株の菖蒲を背景にして和傘を広げます。

詳細はこちら

2018年6月23日

やさしいウクレレの音色で奏でる映画音楽など世界の名曲の数々をお楽しみください。
■出演 Jukeオカヨシ(ウクレレプレーヤー)
詳細はこちら

2018年6月23日

18:00~(イベント当日のCD販売時間 16:00~)

【イベント内容】
ミニライブ&ハイタッチ会
※ミニライブは観覧フリーです。
※優先観覧エリアへの入場は「整理番号付優先入場券」が必要です。
※ハイタッチ会の参加には「ハイタッチ会参加券」が必要です。
詳細はこちら

2018年6月22日2018年6月23日

手作りが体験できる毎年人気のイベントです。
展示、講習コーナー、キルト展、ファッションショー、など。

詳細はこちら

2018年5月30日2018年7月2日

葛飾北斎の代表作「冨嶽三十六景」をはじめ、「忠臣蔵」「東海道五十三次」といったシリーズものから、役者絵、妖怪絵のほか、西洋の技術である銅版画に感銘を受けたことにより生まれた洋風画などの作品、約150点(北斎漫画、アンリ・リヴィエール作品を含む)の北斎芸術を展示します
また、ヨーロッパで北斎が知られるきっかけになった『北斎漫画』、北斎の影響を強く受けたと言われるフランス人画家アンリ・リヴィエールの「エッフェル塔三十六景」も展示し、北斎の人気の秘密に迫ります。
※会場限定のオリジナルグッズも販売
詳細はこちら

2018年6月23日2018年7月16日

ジブリ作品のタイトルロゴ「宮さんは絵を描き、僕は字を書く。」
「風の谷のナウシカ」「千と千尋の神隠し」「風立ちぬ」「かぐや姫の物語」などの40年の言葉の軌跡展です。
ジブリ作品の資料、鈴木の手書きによる題字、キャッチコピー、キャラクターデザイン、いたずら書き、幼少期の制作物、最近の映画寸評、筆による書き下ろし等

詳細はこちら

2018年6月23日2018年6月24日

2020年東京オリンピック種目である、3人制バスケットボールの普及促進を目的とした、日本バスケットボール協会(JBA)主催の「3×3 JAPAN TOUR」をオアシス21で開催!!
 23日(土) OPEN Round.4
 24日(日) EXTREME Round.4
詳細はこちら

1 / 212

イベントカレンダー