2018年 6月 10日

2018年4月20日2018年8月26日

花相撲の名の由来は、奈良・平安時代の宮中で行われた天覧相撲「相撲節会(すまひのせちえ)」では、東方力士が勝利すると朝日を受けて咲く葵(あおい)の花を、西方力士が勝つと夕日を受けて咲く夕顔(ひょうたん)の花を、それぞれの髪に差して退場。力士たちはそれらを褒美として受け取り、花を衣類や食料品に交換したとされています。
江戸時代になると「花相撲」は花の品評会をあらわす言葉となり、相撲の番付のように園芸品の番付が出され、大関から前頭までを東西に花を分け、葉や花弁の美しさ、珍奇さなどを競い合いました。
本展では。名古屋園芸の創業者・名古屋園芸の創業者・ご隠居小笠原左衛門尉亮軒氏が50年以上にわたり蒐集している「雑花園文庫」からとっておきの植物図譜などを、知って楽しい“花の対決”視点でご紹介します。
詳細はこちら

2018年6月1日2018年7月16日

名古屋の日本画家・桜井清香氏が描いた、大正7年(1918)8月、名古屋を含む全国の都市で、米の安売りを求める大暴動(米騒動)の全巻を公開し、関連資料や当時の写真などを交えつつ、絵巻を読み解くことで、100年前の名古屋の街へといざないます。
詳細はこちら

2018年6月1日2018年7月16日

平成29年(2017)10月、ユネスコの「世界記憶遺産(世界の記憶)」に「朝鮮通信使に関する記録」が登録されました。
この展示では、世界記憶遺産に登録された資料を中心に、尾張徳川家に伝わる朝鮮通信使と朝鮮王朝にかかわる品々を紹介し、その足跡をたどります。
詳細はこちら

2018年6月10日

12:00~
6月9日(土)~17日(日)は、東海ラジオプレミアムウイーク!

プレミアムウイーク2日目に、東海ラジオのパーソナリティがアスナル金山に登場し、各ワイド番組内でおこなう企画などを紹介します。

また、新たなプロジェクトとして始動した「歌謡曲主義」のPRとしてゲストには「桜」でおなじみの河口恭吾さんと、カラオケ世界大会2016・2017チャンピオンで、地元愛知県出身の期待の新人 海蔵亮太さんを迎え、ミニライブをお送りします♪
詳細はこちら

2018年6月9日2018年6月10日

中京地区最大のノスタルジックカーのイベントです。
●個人のノスタルジックカーの展示(個人展示参加)
●ノスタルジックカー・クラシックバイク及び関連パーツ・グッズ・モデルカー・おもちゃ等の展示販売
●ノスタルジックカー大賞コンテスト
●ノスタルジックカー・サウンド・ミュージアム(エンジン始動デモンストレーション)
他ブースごとにイベント多数
詳細はこちら

2018年5月30日2018年7月2日

葛飾北斎の代表作「冨嶽三十六景」をはじめ、「忠臣蔵」「東海道五十三次」といったシリーズものから、役者絵、妖怪絵のほか、西洋の技術である銅版画に感銘を受けたことにより生まれた洋風画などの作品、約150点(北斎漫画、アンリ・リヴィエール作品を含む)の北斎芸術を展示します
また、ヨーロッパで北斎が知られるきっかけになった『北斎漫画』、北斎の影響を強く受けたと言われるフランス人画家アンリ・リヴィエールの「エッフェル塔三十六景」も展示し、北斎の人気の秘密に迫ります。
※会場限定のオリジナルグッズも販売
詳細はこちら

2018年6月9日2018年6月17日

約20種類、3,000株の紫色のラベンダーが咲き誇る園内で、コンサートや物販、体験ブースなど多様な催しを開催します。(イベント期間中は駐車場有料)
■荒子川公園ガーデンプラザ内の、紫音では季節限定デザートを販売
詳細はこちら

2018年5月12日2018年5月13日
2018年6月9日2018年6月10日

70種、約2,500株のバラと95種、約18,000株のハナショウブが初夏を彩ります。
展示会、体験教室、コンサート、苗販売など。
詳細はこちら

2018年4月14日2018年7月31日

自分で実際に街を歩き、謎解きをしながら次の目的地を見つけ出す「ナゾトキ街歩きゲーム」体験型ゲーム・イベント
「ナゾトキ街歩きゲーム」シリーズは東京で20万人以上を動員した人気イベントで、シリーズ初の名古屋での開催です!!
地下鉄を使った謎解きの旅で、謎解きキットに書かれた謎を解いて、導き出された場所に行く→地下鉄に乗って目的地に行く→名古屋の街を探索し新たな謎をみつけ暗号やヒントに従って謎を解く→最後のこたえをサイトのANSWERページへ入力し、正解するとゲームクリア!
※参加には謎解きキット(専用一日乗車券付)が必要です
詳細はこちら

2018年4月28日2018年6月10日

近年博物館が積極的に取り組む テーマから22のお勧めを選び、この地域の歴史を伝える基本的な資料、新たな発見として注目されたものを展示し、現在の名古屋市博物館コレクションの魅力を堪能できる企画展です。
詳細はこちら

1 / 212

イベントカレンダー