2018年 1月 31日

2018年1月20日2018年3月11日

瓦づくりの原点に立ち返り、現代の瓦大工・山本清一氏が復元した古代瓦のつくり方を製作道具や映像をまじえて紹介
普段屋根の上にあって、なかなか見ることのない迫力ある鴟尾(しび)、造形豊かな鬼瓦、多様な紋様の軒瓦を目の高さで鑑賞できます。
詳細はこちら

2018年1月2日2018年2月12日

春の芽吹きに始まり、命の輝きを増す夏、豊かな実りの秋、寒さ厳しい冬。そんな四季折々の自然や人々の姿を、画家の鋭い感性で捉えた所蔵品を通して日本の四季を寿ぐ。
詳細はこちら

2018年2月24日2018年3月4日

2月28日の利休忌にちなんだ1年に一度の公開です。
天正19年(1591)に切腹を命じられた利休が自ら削り、最期の茶会に用いたされる有名な「泪の茶杓」(竹茶杓)と、この茶杓をたくされた古田織部が作成した長方形の窓をあけた筒(茶杓イレ)を利休忌にあわせて特別公開します。
詳細はこちら

2018年2月26日

安産、子どもの成育を祈願します。
年に一回この日のみに売り出す「カッチン玉」(竹の先に白・赤・青・黄の飴を丸く練り固めたもの)は、赤ちゃんのへその緒をかたどったとも云う説があり、二月二十六日の例大祭の日にしか買うことが出来ないものです。
詳細はこちら

2018年2月23日2018年3月21日

約700本の紅白しだれ梅が咲き誇ります。期間中は、小動物ふれあいひろば(雨天中止)、青空市も開催。
詳細はこちら

2018年2月9日2018年2月12日

梅林をイメージした館内で、盆梅の展示や即売、抹茶席、琴と尺八の演奏などが行われます。
※抹茶は一席500円
詳細はこちら

2018年2月24日2018年4月1日

早春~春にかけての季節の花が楽しめます。
ウメ(白加賀・淋子梅) 場所:四睡庵西側等
モモ 場所:龍仙湖周辺
ヤマザクラ/コブクザクラ/トウカイザクラなど
詳細はこちら

2018年1月2日2018年2月18日

日本庭園の内外で常時70鉢展示。「百花の王」と形容される豪華な牡丹(わら囲いをした冬牡丹)の花が日本庭園に咲き誇ります。
詳細はこちら

2018年1月18日2018年3月31日

聴松閣建築の昭和10年代初頭は、「名古屋」が大きく変貌を遂げた時代です。
その中でも聴松閣が創建された「昭和12年」に焦点をあて、その時代背景やさまざまな名古屋発展の事象をパネルで紹介
詳細はこちら

2018年1月4日2018年2月6日

徳川美術館蔵品の中から、日本刀の代表的な刀身彫刻を紹介
刀身に文字や文様を刻む刀身彫刻は、仏教的な意匠で神仏の姿や神仏の持物、神仏を示す文字である梵字、草花文様や縁起物の文様などがあり、権威や宗教的な意味合いを刀に付け加えるために行われたと考えられているものです。
詳細はこちら

1 / 212

イベントカレンダー