2018年 10月

2018年10月8日

南海トラフ地震等の大規模地震の発生が危惧される中、想定外の大災害に立ち向かうには、地域のあらゆる主体がお互いに顔の見える関係を構築し、地域が一体となって災害に対応することが必要です。

そこで、防災・減災活動に従事している方々や地域団体、NPO・ボランティア団体、大学生、社会福祉協議会職員、行政職員等が一堂に会し、災害時にお互いに協力し合えるよう絆をつなぎ、強化するとともに、一般の方々といっしょに地域防災力の向上を図るため、シンポジウムを開催します。

会場では約20m四方の愛知県の巨大地図を使ったワークショップを行ったり、ブースを巡るスタンプラリーで非常時に役立つ景品がもらえます。
詳細はこちら

2018年10月19日2018年10月21日

衣・食・住・生活の各種にわたる職人が一堂に会し、尾張名古屋の職人の「技」を披露する職人展です。
技能作品の展示・製作実演・即売・製作体験などのイベントがあります。
ハンカチのマーブル染め体験/豆腐作り/ミニ畳制作体験/リング・バングル制作/組子細工体験 他
詳細はこちら

2018年10月6日2018年10月7日

来て見て体験の2日間!!
各種ステージイベント、体験コーナー、各ケーブルテレビ局のキャラクターとのふれあい、お楽しみ抽選会など

詳細はこちら

2018年9月9日2018年10月28日

もじえもじ―文字が絵になる、絵が文字になる―
日本では、文字と絵は互いに密接に関わり合い、時にその境が曖昧になるほどの親しい関係にありました。
絵画的要素の強い文字である葦手や文字で描いた仏画・戯画などの文字絵、絵を文字のように用いて言葉をあらわす絵文字など、日本が世界に誇る知的な美の世界を紹介。
詳細はこちら

2018年9月27日2018年11月18日

ドラえもん×28組のアーティスト
国内外で活躍する28組のアーティストたちに、「あなたのドラえもんをつくって下さい。」とお願いをしました。
そして様々な発想や技法によって生み出された新たな作品を展示します。

詳細はこちら

2018年8月30日2018年11月11日

ロココからエコール・ド・パリまでの絵画や、エミール・ガレに代表されるアール・ヌーヴォーのガラス工芸、 家具など、18世紀から20世紀にいたるフランス美術300年が一望できる約160点の主要なコレクションを展示。
また展示室では、アール・ヌーヴォーの家具も展示。19世紀末のフランスの邸宅のような雰囲気が楽しめます。
詳細はこちら

2018年7月24日2018年10月8日

名古屋ボストン美術館は2018年10月8日をもって閉館いたします
20年間にわたり多数の展覧会を開催してきた名古屋ボストン美術館の最後の展覧会です。
ボストン美術館の所蔵作品から、古今東西の人間が求めてきた「幸せ(ハピネス)」について思いを巡らせていきます。これまでの展覧会でやって来た懐かしい作品の数々に加え、本展覧会のために修復された曾我蕭白の幻の襖絵《琴棋書画図きんきしょがず》もご紹介します。
詳細はこちら

イベントカレンダー

2018年10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031EC
2018年11月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930EC