2019年 2月 2日

2019年2月2日2019年3月10日

小さくて愛らしいお雛様が大正時代のお屋敷の落ち着いた和室に並びます。
※文化のみち雛巡りスタンプラリー
期間中に、文化のみちの7つの施設を巡ってスタンプを集めると内裏雛飾りが完成。台紙は各館で配布
(名古屋城、橦木館、二葉館、名古屋陶磁器会館、徳川園、徳川美術館、蓬左文庫)
詳細はこちら

2019年1月8日2019年3月3日

1月18日(金)スタートの「ドラマ10『トクサツガガガ』」を、より楽しめるドラマ展です。
・主人公の部屋 セット展示
・登場キャラクターの衣装展示【展示スーツ】
獅風怒闘ジュウショウワン(シシレオー/トライガー/チェルダ/セロトル)
ゲンカ将軍/戦闘員/救急機エマージェイソン/カラオケ怪人
・小道具の展示
・番組紹介パネルの展示
・なりきりフォトコーナー

詳細はこちら

2019年2月1日2019年2月5日
2019年2月7日2019年2月11日

全国から選りすぐりのご当地ラーメンが名古屋・栄の久屋大通公園に終結し、第一幕5日間、第二幕5日間開催されます。

第一幕:北海道 虎鉄/山形 癒庵/東京 ムタヒロ/新潟 大威/東京 百麺/東京 どみそ鶏/熊本 熊本ラーメン/静岡 麺や厨/岐阜 あらき軒

第二幕:北海道 札幌みその/茨城 活龍/福島 若武者/東京 煮干拉麺凪/新潟 東横/宮城 麺屋政宗/福岡 久留米本田商店/石川 神仙/愛知 gachi麺dojo/岐阜 イロドリ

詳細はこちら

2019年1月2日2019年2月17日

ウィリアム・モリスの壁紙デザインを中心に、19世紀に興隆期を迎えた英国壁紙デザインの変遷をたどる。
詳細はこちら

2019年1月4日2019年2月3日

懐紙、短冊にスポットをあてた企画展です。
懐紙は、その名の通り本来は懐に入れて手口を拭ったり、メモを書いたりするための携帯用の紙でしたが、自詠の和歌を記すために10世紀頃から用いられてきました。
その大きさは身分や時代によって多少異なりますが、おおよそ縦30センチ、横40~50センチです。
懐紙を縦に八等分したのが短冊で、14世紀頃から登場します。
天皇や公家、武家をはじめ、松尾芭蕉や池大雅、さらに夏目漱石や正岡子規など近代文学を代表する文化人まで、懐紙や短冊に染筆された書を通じて、歴史上の人々の人物像を探訪します。
詳細はこちら

2018年12月28日2019年2月3日

2012 年から全国各地のネコファンを魅了してきたNHK BS プレミアムの人気番組「岩合光昭の世界ネコ歩き」の写真展がパワーアップ
世界60ヶ所以上の撮影地から厳選された、16地域の個性溢れるネコたちの作品を多数展覧します。
各地の看板ネコも登場「シキンニョ」「ホワイトスライス」「ホーマー」「プレタ」「ティシャ」「チェロ」
写真集やオリジナルグッズなども併せて販売されます
詳細はこちら

2019年1月2日2019年2月17日

日本庭園の内外で20種類70鉢の冬牡丹を展示。「百花の王」と形容される豪華な牡丹(わら囲いをした冬牡丹)の花が日本庭園に咲き誇ります。
詳細はこちら

2018年12月8日2019年2月3日

北欧・フィンランドの建築家、アルヴァ・アアルト(1898-1976)の大規模な回顧展です。
日本において、アルヴァ・アアルトの包括的な展覧会は20年ぶりとなります。オリジナル図面、家具、照明器具、ガラス器、建築模型など約300点を紹介します
詳細はこちら

2018年11月23日2019年2月11日

「なぜ、スイーツは人々を幸せな気持ちにさせるのか?」
会場全体を「お菓子の王国」に見立てた“カワイイ&ファンタジー”の世界観の中で、スイーツにつまったいろいろな“?(はてな)”を解明する展覧会です
会場は、「お菓子の王国」、「考える人のチョコレート屋さん」、「魔女のケーキ屋さん」、「マルシェ」、「お菓子の図書館」、「どうぶつの森」、「お菓子のおうち」、「小さなお菓子の世界」の8つに分かれた会場を、案内役のお菓子の王国に住む謎のネコと探検します。
詳細はこちら

2018年11月23日2019年3月3日

今年は東海地方では初となるデジタル制御による天空に煌くクリスタルオーロラ装飾を実施し、スケートを楽しみながら見上げる夜空には、幻想的な天空のクリスタルオーロラによる光の舞!今年は一味違う特別な時間をお楽しみ頂けます。

※今年は SKE48の須田亜香里、小畑優奈、菅原茉椰 が公式アンバサダーに就任し、11/22(木)内覧会にゲスト出演するなど「豊田合成リンク」を盛り上げます!!
詳細はこちら

イベントカレンダー