2018年 3月 4日

2018年3月3日2018年3月4日

~イケメン★スプリング~
M!LK と 祭nine.・ボイメン研究生による豪華ステージ!
番組の一部を振り返っての裏話や、女子についてのお勉強トーク、プレゼント企画など、観覧者も一緒になって楽しめるステージイベントです。
(土)はM!LKのミニライブ
(日)は祭nine.とボイメン研究生のミニライブ
詳細はこちら

2018年2月18日2018年7月1日

世界に誇るボストン・オールスターが名古屋に集結します。
ボストン美術館のコレクションから、古代エジプト美術、中国美術、日本美術、フランス絵画、アメリカ絵画、版画・写真、現代美術の7分野にわたる珠玉の80点をご紹介します。
ファン・ゴッホの《ジョゼフ・ルーランとルーラン夫人の夫婦の肖像画》、モネの《睡蓮》、徽宗の《五色鸚鵡図巻》《ツタンカーメン王頭部》、英一蝶の巨大な《涅槃図》、ウォーホルの《ジャッキー》など、東西の名品が揃います。
詳細はこちら

2018年1月20日2018年3月11日

瓦づくりの原点に立ち返り、現代の瓦大工・山本清一氏が復元した古代瓦のつくり方を製作道具や映像をまじえて紹介
普段屋根の上にあって、なかなか見ることのない迫力ある鴟尾(しび)、造形豊かな鬼瓦、多様な紋様の軒瓦を目の高さで鑑賞できます。
詳細はこちら

2018年3月3日2018年3月12日

切り花や鉢花、盆栽なと約500点が展示されます。
また、苗木の即売と栽培相談もあります。 詳細はこちら

2018年2月3日2018年4月8日

徳川美術館に収蔵されている御三家筆頭の大大名にふさわしい雛道具の品々。華やかで、愛らしい、大名家ならではの雛の世界を紹介。
詳細はこちら

2018年2月24日2018年3月4日

2月28日の利休忌にちなんだ1年に一度の公開です。
天正19年(1591)に切腹を命じられた利休が自ら削り、最期の茶会に用いたされる有名な「泪の茶杓」(竹茶杓)と、この茶杓をたくされた古田織部が作成した長方形の窓をあけた筒(茶杓イレ)を利休忌にあわせて特別公開します。
詳細はこちら

2018年2月23日2018年3月21日

約700本の紅白しだれ梅が咲き誇ります。期間中は、小動物ふれあいひろば(雨天中止)、青空市も開催。
詳細はこちら

2018年2月24日2018年4月1日

早春~春にかけての季節の花が楽しめます。
ウメ(白加賀・淋子梅) 場所:四睡庵西側等
モモ 場所:龍仙湖周辺
ヤマザクラ/コブクザクラ/トウカイザクラなど
詳細はこちら

2018年1月18日2018年3月31日

聴松閣建築の昭和10年代初頭は、「名古屋」が大きく変貌を遂げた時代です。
その中でも聴松閣が創建された「昭和12年」に焦点をあて、その時代背景やさまざまな名古屋発展の事象をパネルで紹介
詳細はこちら

2018年2月3日2018年3月11日

小さくて愛らしいお雛様が大正時代のお屋敷の落ち着いた和室に並びます。
★2月8日(木)は、文化のみち二葉館開館記念日(ふたばの日)の為入館料無料

詳細はこちら

1 / 212

イベントカレンダー