四季折々の情景 美術館に息づく小さな自然たち

2021年10月29日2022年2月27日
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks

現代作家9名(組)の作品をアール・ヌーヴォーのガラスや家具と共に展示し、四季と俳句を軸に広がる自然の情景と四季折々の生命たちを展示室に再現する展示会です。
【作家】
稲崎栄利子(いなざき えりこ)〔陶芸〕、井上雅子(いのうえ まさこ)〔陶芸〕、川北友果(かわきた ゆうか)〔ガラス〕、小橋順明(こばし まさあき)〔陶芸〕、土居陽子(どい ようこ)〔ガラス〕、生川和美(なるかわ かずみ)〔絵画〕、深川瑞恵(ふかがわ みずえ)〔ガラス〕、本多絵美子(ほんだ えみこ)〔木彫〕、元木貴信・庸子(もとき たかのぶ・ようこ)〔ガラス〕。

ヤマザキマザック美術館 名古屋市東区葵1-19-30 052-937-3737
■時間:10:00~17:30 ※土日祝10:00~17:00

■料金:一般1,300円、小・中・高生500円、小学生未満無料

イベントカレンダー