2018年 12月 18日

2018年12月9日2018年12月25日

~笑顔が弾む光の港~
光の天井をイメージしたイルミネーションタワーが並び、空間が広がります
詳細はこちら

2018年12月8日2018年12月24日

文化勲章受賞作家の松尾敏男氏の没後初の回顧展です。
初期から晩年までの代表作50点が展示されます。
詳細はこちら

2018年12月12日2018年12月24日

これまでの“過去”の歩みを「ライブ」を通して振り返り、“未来”につきすすむ彼女たちを応援する展覧会です。ライブの舞台セットの模型やメンバーお気に入りの衣装、小道具などを展示し、ももクロ10周年の軌跡をたどります。
詳細はこちら

2018年12月8日2019年2月3日

北欧・フィンランドの建築家、アルヴァ・アアルト(1898-1976)の大規模な回顧展です。
日本において、アルヴァ・アアルトの包括的な展覧会は20年ぶりとなります。オリジナル図面、家具、照明器具、ガラス器、建築模型など約300点を紹介します
詳細はこちら

2018年12月8日2018年12月24日

ヨーロッパ伝統のクリスマスマーケットで過ごすロマンチックなひととき。
今年はヨーロッパ屈指の一流テリカデッセンとして名を馳せているドイツミュンヘンにあるダルマイヤーが初出店します。
マーケットのシンボル、もみの木のクラシッククリスマスツリー、アンティークなデザインのメリーゴーラウンド、クリスマスステージ、ヨーロッパのグルメも楽しめる雰囲気満載のクリスマスです。
※スノードーム制作教室も開催されます。(予約制)
詳細はこちら

2018年12月15日 11:00 AM2019年1月27日 11:00 AM

名古屋生まれの奇僧 絵筆で人々を救う。
月僊(げっせん・1741~1809)は、江戸時代に活躍した名古屋生まれの画僧(絵を描く僧侶のこと)です。
本展では、愛嬌に満ちたユニークな仙人の絵を中心に、仏画や花鳥画、山水画もあわせて画業全体を振り返ります。また僧侶として社会福祉に尽くしたその人となりを紹介
詳細はこちら

2018年11月10日2018年12月25日

ノリタケの森の冬の風物詩としてお楽しみいただいているサンタクロースが今年もイルミネーションとともに登場します。
高さ14mの巨大クリスマスツリーが飾られ約4万球のイルミネーションが辺りを彩ります。

詳細はこちら

2018年11月23日2019年2月11日

「なぜ、スイーツは人々を幸せな気持ちにさせるのか?」
会場全体を「お菓子の王国」に見立てた“カワイイ&ファンタジー”の世界観の中で、スイーツにつまったいろいろな“?(はてな)”を解明する展覧会です
会場は、「お菓子の王国」、「考える人のチョコレート屋さん」、「魔女のケーキ屋さん」、「マルシェ」、「お菓子の図書館」、「どうぶつの森」、「お菓子のおうち」、「小さなお菓子の世界」の8つに分かれた会場を、案内役のお菓子の王国に住む謎のネコと探検します。
詳細はこちら

2018年12月14日2018年12月24日

展示ゾーン、アトラクションゾーン、ショッピングゾーンなどで楽しめます。
2018年の入場記念トミカは「TDMウォータードライブ」又は「いすゞボンネットバス」のどちらか一つです。

詳細はこちら

2018年10月5日2018年12月21日

名古屋最古の料亭がで花柳界(かりゅうかい)と呼ばれる、美しく華やかな芸妓、舞妓の世界を体験できるイベントです。
名古屋には「置屋」と呼ばれる芸妓、舞妓を抱える家はありませんが、「名妓連(めいぎれん)」と言う検番に所属する芸者は、現在21名所属しています。
お座敷以外では会う機会の少ない、「芸どころ名古屋」の看板でもある「名妓連」のお姐さんや
可愛い舞妓さんが河文に置屋のように集い、日本舞踊やお座敷遊びを披露してくれます
※水・金の日時指定で、事前申込み制

21:30~ 受付
22:00~ 日本舞踊鑑賞
22:20~23:00 写真撮影、会話、お座敷遊びのトラトラ、丁半(ちょうはん)等
詳細はこちら

1 / 212

イベントカレンダー