2018年 12月 15日

2018年12月1日2018年12月16日

絢爛たる尾張のはじまりをめぐる旅のプロジェクトマッピング&ライティングアートで、将軍に扮したキャストなどが実際に現れ、江戸時代の街へタイムスリップして来たかのような没入体験が楽しめます。
名古屋おもてなし武将隊&徳川家康と服部半蔵忍者隊の行列とショー/名古屋提灯×名古屋友禅/名古屋城リアル謎解きゲーム/タイムトラベルグルメ尾張江戸屋台
詳細はこちら

2018年12月14日2018年12月24日

展示ゾーン、アトラクションゾーン、ショッピングゾーンなどで楽しめます。
2018年の入場記念トミカは「TDMウォータードライブ」又は「いすゞボンネットバス」のどちらか一つです。

詳細はこちら

2018年10月5日2018年12月21日

名古屋最古の料亭がで花柳界(かりゅうかい)と呼ばれる、美しく華やかな芸妓、舞妓の世界を体験できるイベントです。
名古屋には「置屋」と呼ばれる芸妓、舞妓を抱える家はありませんが、「名妓連(めいぎれん)」と言う検番に所属する芸者は、現在21名所属しています。
お座敷以外では会う機会の少ない、「芸どころ名古屋」の看板でもある「名妓連」のお姐さんや
可愛い舞妓さんが河文に置屋のように集い、日本舞踊やお座敷遊びを披露してくれます
※水・金の日時指定で、事前申込み制

21:30~ 受付
22:00~ 日本舞踊鑑賞
22:20~23:00 写真撮影、会話、お座敷遊びのトラトラ、丁半(ちょうはん)等
詳細はこちら

2018年11月17日2018年12月17日

浅井忠の制作とアール・ヌーヴォーのデザインとの関わりを探る展覧会です。
日本洋画を代表する巨匠、浅井忠氏は1889年に明治美術会を創立して日本の中心的な作家となり、その後アール・ヌーヴォー全盛期のフランスに「西洋画研究」のため留学し、風景画の制作や現地の陶工アルベール・ブエと組んで、陶芸デザインに初めて取り組んでいます。
第一部〔浅井忠が滞欧期および帰国後に制作した油彩画・水彩画〕
第二部〔浅井忠、建築家武田五一が、京都高等工芸学校の教材としてフランスで蒐集した作品をはじめとする19世紀末~20世紀初頭のポスター・工芸作品〕
第三部〔浅井忠絵付陶芸作品、浅井忠の工芸図案、それをもとに制作された工芸作品〕
詳細はこちら

2018年11月3日2018年12月16日

平安時代後期に紫式部が執筆した源氏物語は成立後まもなく絵画化され、中近世を通じて様々な絵画作品が製作され続けました。
国宝「源氏物語絵巻」とともに、平安時代から江戸時代に到るまでの写本や注釈書、絵画作品などを一堂に展示し、源氏物語愛好の歴史を振り返ります。
期間中、「国宝 源氏物語絵巻 橋姫」ほか4場面を、場面を入れ替えて常時展示します。
詳細はこちら

2018年11月23日2019年3月3日

今年は東海地方では初となるデジタル制御による天空に煌くクリスタルオーロラ装飾を実施し、スケートを楽しみながら見上げる夜空には、幻想的な天空のクリスタルオーロラによる光の舞!今年は一味違う特別な時間をお楽しみ頂けます。

※今年は SKE48の須田亜香里、小畑優奈、菅原茉椰 が公式アンバサダーに就任し、11/22(木)内覧会にゲスト出演するなど「豊田合成リンク」を盛り上げます!!
詳細はこちら

2018年10月20日2018年12月24日

数々の“Jホラー”作品を世に送り出してきたプロデューサー・仙頭武則氏が、最先端のVR技術を駆使して手掛けた、新時代のホラーアトラクションです。
VRで仮想空間内を歩きながら、現実と仮想空間の融合を体験する
詳細はこちら

イベントカレンダー